So-net無料ブログ作成
検索選択

【北京/亮馬橋】北海道ラーメン「味噌ラーメン」 [ラーメン]



偽ハマっ子 in BEIJING!!!!!!

北京で北海道ラーメン」!!
ラーメン大好き、偽ハマっ子は、北京でもラーメン屋さんを巡っています!

今回行ったお店「北海道ラーメン」は、地下鉄10号線の「亮馬橋駅」(リァンマーチャオ)から歩いて10分くらいのところにある「好運街」(ハオユンジェ)と云う、世界各国の味が味わえると云うコンセプトのレストラン通りにあります。

080824北海道ラーメン1.jpg

上の写真の道路左側、茶色の建物が並んでいるのがまさにそのレストラン街で、結構な数の飲食店が軒を連ねています。
ちなみに、「好運街」の英語表記はLucky Street。
うーん、ちょっと恥ずかしい名称ですね…。

で、その「好運街」の北の角の2階にあるお店が、僕が今回行った「北海道ラーメン」の店舗。
入り口は非常にわかりづらくって、1階にある「PARIS PATISSERIE」と云うケーキ屋さん?パン屋さん?に入り、その店舗の右奥に2階へと続く階段があり、その階段を登ると「北海道ラーメン」です。
中国ではこういう訳のわからない作りのお店が多々あります。
もはや驚かなくなって来ました…。

080824北海道ラーメン2.jpg

で、このお店で頼んだラーメンはと云うと、やはり北海道ラーメンとくれば、札幌ラーメンを連想し、札幌ラーメンを連想したならば、やはり定番の味噌ラーメン」、これに尽きます。
と云う訳で、「味噌ラーメン」をオーダー。
出て来たラーメンが上の写真のラーメンです。

見た感じ、かなりいい感じの札幌味噌ラーメンです。
で、実際に食べてみると、うーん、うまい!
味噌にね、コクがあります。
まさか北京でコクのある味噌ラーメンが食べられるとは!
驚きです。

なんでも、スープはすべて日本から輸入した材料を使っているようです。
ラーメンはスープが何よりも命ですから、ナイスチョイスだと思います。
ただ、そのせいなのか、値段は他のお店に比べて高めです。
味噌ラーメン、1杯、28元でした。

とは言っても、日本円に換算したところで約450円なんですけどね。
でも井上亭の豚骨ラーメンと比べると、なんと10元も高いんです。
それでも、本格的な味噌ラーメンが食べられるので、少々高めでもアリですね。

それから、この店舗のホールの店員さんの一部はカタコトの日本語が話せました。
注文するくらいなら問題ないレベルです。

★場所はこちらを参照下さい



●偽ハマっ子のラーメン屋食べ歩記一覧へ

タグ:ラーメン
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0