So-net無料ブログ作成
検索選択

【北京/朝阳門】鹿港小镇「蚵仔大腸面綫」 [ラーメン]



080807朝陽.jpg

偽ハマっ子 in BEIJING!

仕事で北京出張中に行った時の事です。
北京と言えば、中国
中国と言えば、ラーメン。

とゆー訳で、本場中国でラーメン、食べて来ました。

今回は、工体と呼ばれるエリアにある「鹿港小镇」と言うお店に連れて行ってもらった時に食べたラーメンです。
ちなみに、店名の英語表記は“BELLAGIO”でした。

メニューはすべて中国語
当たり前ですけど、見たところでさっぱりわかりません。
そこで、このお店で若者に人気だと言うラーメンを頼んでみました。

出て来たのは写真のラーメン。
写真で見ると大きそうに見えますが、実際にはお茶碗をひとまわりほど大きくしたような小さな器でした。

そして、なんと生牡蠣が…。
この中国と云う国で、生の牡蠣だなんて恐ろしい限りですが、頼んでしまったので、意を決して食べてみました。
とりあえず、今のところ大丈夫そうなので、もう大丈夫かと思いますが…。
それでも、やっぱり生モノはヒヤヒヤしちゃいますね。

あと、上に盛られているのは香草。
いわゆる「パクチー」です。
このパクチー、苦手な人は苦手だと云う、好き嫌いがスッパリ分かれる代物がどどんと盛られています。
ちなみに、私、偽ハマっ子は苦手です。
香りが強すぎます。
食べれない事はないですが、好きになれません。
好んで食べる気にはなりません。

そんな訳で、現地の若者に人気だと云うラーメンは、日本人にとってはヒヤヒヤモンのパクチー臭い代物でした。
僕個人的には、もう二度と食べたくありません。
もっとも、味覚や好みは人それぞれなのでなんとも言えませんが…。

ちなみに、一杯19元でした。
日本円に換算すると、約300円ちょっとと云う安さです。
中国は物価が安くて、財布には嬉しい所ではありますね。

★場所はこちらを参照下さい



●偽ハマっ子のラーメン屋食べ歩記一覧へ

タグ:ラーメン
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: