So-net無料ブログ作成
検索選択

【宮城/仙台】石焼らーめん火山「石焼みそ」 [ラーメン]



偽ハマっ子 in SENDAI!!!

今回はちょっと変わったお店をご紹介。
その名も「石焼らーめん火山」
なかなか類を見ないネーミング…。
石焼らーめんって、なんぞや?ってな感じです。

そんなお店で、「石焼みそ」注文してみました。
なんでも“みそ”が一番人気らしいです。

注文すると、↓のような説明が書かれた紙がおもむろに配布されました。

071101石焼らーめん火山1.jpg

ほうほう。
火山が噴火します…。

ん?
火山が噴火ぁ!?
お店のネーミングがネーミングなら、配られる紙も紙で。
謎が多いです、このお店。

で、しばらく待つとラーメン到着。
石焼ビビンバが入ってくる黒い石の器にラーメンの麺が入っています。
しかし、スープが入っていない。
と思ったら、店員さんが、説明が書かれている紙を胸の前に掲げてくれ、と言う。

ほうほう。
それならば従おうじゃないか、と思っていると、いきなり別に用意されたスープを石器の中にどどどーっと入れ始めたじゃないですか。
そんでもって、石器は“石焼き”という店名だけあって熱く熱せられていて、スープがいきなり沸点まで温められじゅじゅじゅじゅじゅじゅっと云う音と共に、まさに火山の様に噴火し始めたではありませぬか!

071101石焼らーめん火山2.jpg

確かに、紙を胸の前に掲げていないと大変な事になるわなぁ、と思ったり思わなかったり。
で、しばらく待っているとラーメンの全容がお目見えして来ました。
下の写真がそれです。

071101石焼らーめん火山3.jpg

湯気がすごくって、あまり綺麗に撮れてはいませんが、こんな感じです。
野菜たっぷり。
そして、麺は食べてみるとモチモチしていて歯応えバッチリです。

味噌は香りが良く、しかも石焼効果で、ちょっと焦げた味噌の香りが食欲をそそります。
なかなか、イケてました。
僕は好きな味ですね。

ちなみに、この「石焼みそ」を頼むともれなくライスが付いて来ます。
で、冒頭の説明書きの通り、麺を食べ尽くした後に、このライスをスープに放り込むともれなくおじやの完成、と。
これがまた、残った味噌といい感じに合わさっておいしかったです。
まさに二度楽しめる、そんなラーメンでした。

★お店の詳細は食べログで



タグ:ラーメン
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: